地球へ… section21 星屑の記憶

疲れ目とか言いつつも、「地球へ…」の感想を書いてしまうのだった。
だって最終回へむけて佳境なんだもん! なるべく短めに~。



いきなりブルー様登場かい!(うれしい♪) ジョミーはいつもブルーと、心の中で(補聴器を通して?)話してるんですね。このシーンと、後のトォニィとアルテラの会話シーンとで、ジョミーの秘めた本当の気持ちが浮き彫りに。「いつも心で泣きながら戦っている」なんて、わかってはいたけど、せつない…。そんなジョミーをこんなにも理解して信じてるトォニィの報われなさも、なんかせつないなぁ。

トォニィとアルテラがいい雰囲気で(アルテラの片思いだけど)、おヤエさんがすねて泣く場面は、戦闘シーンの多い今回の貴重な和みポイントでした(^^) なのに、最後はアルテラの死という悲劇になってしまい…。せっかく青春してたのに、儚かったなぁ(T^T) …と悲しむいっぽうで、トォニィってば見かけによらず(失礼)男っぽくて素敵♪ とか思ってしまう私がいます。(ゆるして) 男らしいのは声のせいかなぁ? それに「やろう、ゆるさねぇ!」なんてワイルドなセリフを吐くキャラ、この番組に他にいないし。

キースったら、ジョミーの両親とスゥエナの子供を人質に取っちゃうかー。なんかもう、戦争というより姑息な作戦だよねぇ。あの陰険グレイブさんが、また嫌そうな顔してましたよ。それにしても、そんなキースに助けを求めてしまうとは、スゥエナは「変わったわね」とか言いながらも、結局キースの人間的なところを信じて期待していたんですね。

予告からすると来週は、トォニィVSマツカということになりそうです。わーん、どっちも今や愛着がわいてるキャラになってるから、死んでほしくないよー(T^T)
[PR]
by mie_tohno | 2007-09-02 19:58 | アニメのこと


グルメ(名古屋)・旅行・ゲーム・アニメ・映画などなど
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30