ブログトップ

実衣のしっぽ日記

機動戦士ガンダムSEED DESTINY THE EDGE(1)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY THE EDGE(1)
久織 ちまき 矢立 肇 / 角川書店

ガンダムのマンガを読むのって初めて。小説にに続いてコミックにまで手を出すとは、思いもしないことばっかりです。それというのも、あちこちブログ様から「アスカガ好きなら読むべし!」って、ビームが発せられてたから…。



まずびっくりしたのは絵柄です。女性の方が描かれてるのは知ってましたが、表紙の画像だけじゃよくわからなくて…。 なんとなくガンダムだから、勝手に少年誌っぽいのを想像してました。意外にも少女漫画なガンダム!

しかし、そんなカルチャーチョックを全部うっちゃってしまえば、結構好きな絵柄です。下手をするとアニメ版よりも好きかも?(それはちょっと言いすぎか…) だって、アスランが大人っぽいんだもの!(←そこか) カガリは、かわいすぎかな? 凛々しいアニメ版のほうが好き。キラもかわいすぎて、アスランと同い年に見えません(笑) シンも異様にかわいいです、びっくりです。議長はアニメのまんまです。頭の中で思い切り池田さんがしゃべります。

最初にカラーで、前作SEEDの終盤と最終回直後の場面が少しだけ入ってて、ここはちょっとうれしい。だって、「生きるほうが戦いだ!」し、アスカガだし(^^)
それ以外には、アニメとの違いはあんまりない…。ただなんとなく、アスラン&カガリのひっつき度合いが微妙に増してるような気がするくらい。(気のせい?)

アニメがあってこそのマンガ版ではありますが、読みやすいし、これからも読み続けようと思います。もうすぐ3巻が出るみたいですねー。楽しみ!

2巻につづく
[PR]
by mie_tohno | 2005-12-07 21:22 | ガンダムSEEDのこと

グルメ(名古屋)・旅行・ゲーム・アニメ・映画などなど
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28