ブログトップ

実衣のしっぽ日記

SEEDをもう一度見よう 1 (PHASE 01-04)

機動戦士ガンダムSEED 1
あーあー、本日はお日柄も良くー(?)、いよいよ導入実行の運びとなりました、SEEDをもう一度見ようプラン。DESTINYの放送が終わってから再び見るガンダムSEEDの感想に加えて、今明かされる!ってほどでもない、放映当時のボケ感想(※斜体部分)を織りまぜて、いってみたいと思います。



 PHASE-01 「偽りの平和」 …アスランと邂逅…
 PHASE-02 「その名はガンダム」 …キラOS書き換え…
 PHASE-03 「崩壊の大地」 …ヘリオポリス崩壊…
 PHASE-04 「サイレントラン」 …逃げるアークエンジェル…

うわーー、ほおーー。大作の香りすら漂わせつつ、スタート!
DESTINYのあとで見ると、なんだかとってもガンダムっぽいぞ。ど、どうしよう…。(動揺) ま、まぁ、なんといってもガンダム新シリーズの第1話ですからね。あ、アイキャッチ<もまともだー(笑) そういえば、私このアイキャッチが好きでした。

キラ登場放映当時、まず思ったのは「目がでかい!しかも睫毛はえてる…」でした。ごめんなさい、実を言うと平井氏の絵わりと苦手でした。しかもだ、「可愛くて優しげな少年」というのも、あんまり得意じゃないー。果たして私、この番組についていけるのか? 早くも大ピンチ。そしてアスランとかいう人は…、えーと、女の子?(回想シーンのせいでちょっと悩んだ)

なぜなら私、普段はテロップというものを読みません。(←アニメファンじゃないっぽい)
ということで当然、ミゲルの声が西川くんだと知りませんでした。だって、ちょっとしかしゃべらないしー。ほんと言うと「ミゲルって誰?」状態でした^^; でもこの前ミゲルのSUIT CDを聞いたら、先輩ぶりがなかなか良かったです。どうもハイネの声のような気もしてならなかったけど。とにかく今見ると何が良いって、キャラクターをちゃんと知っているってことですね! …しかしあらためて思った、サイの服はかなりへん。

初見で興味深かったのは、キラがOSをいじってるところ。ガンダムにキーボードが!(周辺機器?) どっかのワークステーションにありそうな画面だわー。ユーザーインターフェースって、ちっとも進化しないのねぇ。キラのタイピングが速い特技も、考えてみたら昔のタイプのお姉さんと同種の技能なわけで、なんかアナクロ。(早口はすごいけど) しかし「ハードよりソフトの時代」っていうのは、現代風でいいかな。きっとこの主人公はインテリ系学生パイロットとして、機体の強さでも操縦技術でもなく、プログラムをバージョンアップさせることによって、敵を倒していくんだ。で、もうプラモ売らないで、ガンダムOSを売るわけよ!(どうやって)

1話~4話は「君は生きのびることができるか!」なお話で、ファースト世代としてはわくわくしました。ミリアリアがコクピットに映ると、ちょっとどきどき。(セイラさん!) キラも優しげな性格ながら、女の子を助けたり軍人さんにくってかかったりと、主人公として行動的にがんばってます。「21世紀のガンダム」の主人公をしょって立つって、すごくたいへんそう。がんばれキラ。私がこの番組についていけるかどうかは、君にかかっている!(とりあえずは)

そして今見て一番印象的なのは、カガリ! キラと出会って帽子が飛んだとこ、こんなに可愛かったんだー。このままずっと出てこないっていうのが、ミステリアスで上手いなぁ。当時は、本当にすっかり忘れちゃっていましたが^^; 早く帰ってきて、カガリー。

PHASE 05-08へつづく
[PR]
by mie_tohno | 2005-11-28 21:14 | ガンダムSEEDのこと

グルメ(名古屋)・旅行・ゲーム・アニメ・映画などなど
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31