ブログトップ

実衣のしっぽ日記

新版 指輪物語〈3〉旅の仲間 下1
J.R.R. トールキン J.R.R. Tolkien 瀬田 貞二 田中 明子 / 評論社

裂け谷~雪のカラズラス~モリアのバーリンのお墓まで。
映画でもこの通りの展開が描かれているけど、これだけで文庫1冊分(新版)とはなにごと!と思うかも?
原作では、裂け谷<の部分がとてもとーっても長いのだ。

フロドが目覚めてから、エルロンドの会議までに宴会があるし、会議そのものも、ビルボがお腹をすかせてしまうほど長~い。
中つ国の歴史やら指輪の由来など、様々なことがここで語られる。読者にとってもいろいろなことが明らかになる重要な部分だけど、情報量が多いし固有名詞もいっぱいでたいへん!
このへんのことは映画ではオープニングで語られていて、とってもわかりやすくて素晴らしい。
(ああ、私、原作を読んだだけじゃあんまりわかってなかったなぁ^^;)

旅の仲間の出発が決まったあとも、エルロンドが斥候を出したりしていて、なんだかんだと数ヶ月も滞在している。裂け谷って、きっとほんとに良いところなんだろうなぁ。
指輪物語の中でも、行ってみたいところベスト5には入るね、きっと。
映画でも素晴らしい景色だったけど、ぜいたくを言うなら、もっとエルフが意味もなくうろうろしてたり、歌を歌ったりしてるとこを見たかったなぁ。それを見て、サムが大喜びなところとかも♪

裂け谷を出発してからは、映画では多少のアレンジが追加されているものの、大筋は同じ。
雪山のカラズラスなんかは、映像で見るとたいへんさがよくわかったな。
ここ、原作ではエルフのレゴラスが飄々としていて好きー。映画でもよく見ると、レゴラスだけ苦労せずに歩いているのがわかるのは、さすが。要チェック!

原作を読んでいて頭に浮かんでくるのは、美しいモリアの秘密の扉
本にも挿絵がついてるけど、映画では月光を受けてキラキラと、きれいだったなぁ。
「水中の監視者は、かなり恐かったけど。
思えば、このあたりって旅の仲間9人がそろってる貴重な旅程。
灰色のガンダルフが良い味を出してて、お気に入り。秘密の扉が開かなくてイライラしたり、道に迷って密かに困ってたり、ピピンにガミガミ怒ったり、そんなガンダルフが大好きだ~。

(旅の仲間 下2へつづく)
[PR]
by mie_tohno | 2005-01-26 20:05 | 本のこと | Comments(0)


狂骨の夢 京極 夏彦 / 講談社

京極堂シリーズ第3弾。ええもう、あいかわらずぶ厚いので、手が痛くって。
え、感想? …ほねほねガイコッツなお話でした。おわり。(←おい!)

今回は、なかなか京極堂が登場しないので、ちょっと淋しかったなぁ。まぁ、初めのほうで出ていたとしても、古本屋で本を読んだり、うんちく述べたりしてるだけなんだろうけど。
キャラも多くなってきたので、京極堂は終わりのほうでおいしいとこだけさらってゆく人になるんであろうか。
探偵役(憑物落としだけど)だから、そういうもんかもしれないけど、知らないで読んだら、いったお誰が事件を解決してくれるのか、わかんないような気もする。…そんな人は、いないか。
ちなみに今回のうんちく大会は、「神様と宗教と夢について」かな。ちょっと難しかったっす。

新しくメインキャラとして登場しているのが、伊佐間と降旗。
釣り堀屋の伊佐間は、前作にもちょろっと話に出てたのかな。あんまり覚えてないけど。
この人、最初のほうでモテてるような気がした(笑)ので、なかなか格好良いのかなと思ったけど、それほどでもないのかしらん? かなり年寄りくさいらしい。
どういう人かいまいちよくわからんけど、そもそもそういう、瓢箪鯰のような人らしい。
それだけに、他の強烈なキャラに比べるとインパクトが薄いかな。今後に期待!?
…しかし、「瓢箪鯰」ってなんだろね。ひょうたんでなまずを押さえるなんて、あんまり想像できんのだが。(余談)

元精神分析医の降旗は、関口と同類っぽいんだけど、ちょっと違うらしい。どうもフロイトに取り憑かれていて、人を分析せずにはいられないらしい。大丈夫かなぁ、この人も。
そういえば今回、関口さんは語り部じゃなくなって、事件に巻き込まれてお気の毒、ってかんじに。…まぁ、いつもそうなんだけど^^;

いつにも増してはじけまくってるのが、自称探偵の榎木津
榎木津、恐いものなし! 榎木津、やりたい放題!
榎木津、最強ーー!!(もう、むちゃくちゃ)

ストーリーのほうはとにかく、京極堂が説明してくれるまで、いったいどんな事件なのかさえ、ちっともわからない。
なんか骸骨やら骨やらゴロゴロしてて。何が現実で何が夢なのかもわかんないし。
それが京極堂によって、つながりが解き明かされ、それぞれが現実味を増してゆく。
謎の解明は、単に犯人当てではなくて、それ自体がひとつの物語となっている。
やっぱ面白いよねー、これ。
[PR]
by mie_tohno | 2005-01-22 19:55 | 本のこと | Comments(0)

懸賞生活…は無理だけど

やっとなんとか復活してきました、胃腸風邪
あんまり食べてなかったので、まだ少ししか食べられない。はぁ~。

ときにみなさん、ネットで懸賞とかってやります?(みなさんて、誰よ)
私はブロードバンドになってから、ちょくちょく出してます。そんなにたくさんじゃないので、普段はめったに当たらないけど、たま~にくるのよ、当選の「波」がね。
年末から、ロード・オブ・ザ・リングのゲーム、商品券千円、ペットボトルのお茶1ケースと当たりました!(わ~い)

一番うれしかったのは、ゲーム。欲しかったものだけに、やたー!
何万とかじゃないけれど、私にとっては大物よ。5名しか当たらないやつだし。
(あ、これはネットじゃなくてハガキで応募したものね)
ペットボトルのお茶は大量当選ものだけど、そうはいってもなかなか当たらないので、ラッキー。1ケースは、とっても重たかった(笑)

ちなみに、今までで一番の大物は、ホテル宿泊&タラソテラピー。至福でした…。1等だったしなぁ。いつかは海外旅行とか、当ててみたい!
あっでも、プラズマテレビとか、デジカメとか、カニなんかもいいなぁ♪(おい)
[PR]
by mie_tohno | 2005-01-18 19:19 | 日常のこと | Comments(5)

風邪ひいちゃった…

いま流行の(?)胃腸風邪になりました~。もー、むやみに流行を追うのはキライですっ。
はぁ~、食べられないので、チカラがはいらなくてへろへろです。

サイアクなのは、発症したときに胃の中にあったもの。
前にかかったときは、グラコロバーガーでね。あれいらいグラコロ食べられないのよ…(T^T)
でも今回はなんと、にんにくだったのー!!(ほんとはペペロンチーノ)
どーーーしても吐きたくなくて我慢してたら、いつまでたっても気持ち悪いし、胃の中から臭いにおいがお口まで…。いやーーーっ(泣)
とーぶん、にんにく食べられない…。

だいたい調子悪いってわかってたら、そんなもの食べないのにね。
胃腸風邪って突然なのが、クセモノです。
みなさまもどうぞお気をつけください。

(しばらく更新お休み…)
[PR]
by mie_tohno | 2005-01-12 19:23 | 日常のこと | Comments(2)

宇宙戦艦ヤマト イスカンダルへの追憶 / バンダイ

「デスラー総統万歳!」なゲームでした。
…以上、報告を終わります、総統閣下。(おい)

何が良かったって、このゲームではヤマトを沈没させずにすんだこと。
なにしろ、1作目のゲームでは沈没しまくり、とうとうイスカンダルにもたどり着けずに挫折してしまった暗い過去が。(人類は滅亡しました)
おかげで一番好きな「ヤマト2」のゲームには、チャレンジする勇気もなくて。
今回、危ないところまではいったものの(いったのか)、なんとか最後まで使命を達成することができた。そのかわり、味方側であるデスラー艦を2回ほど沈めちゃったけど。
わあああ、申し訳ありません、総統閣下!! …ズギューン。(←撃たれてるし)

ときどきブラックタイガー隊が何機か帰らぬものとなったり、たまに波動砲で味方を撃ったりもしたけど(汗)、日頃シミュレーションゲームなんてやらない私でも、なんとかクリアーはできた。しかし、宇宙ってほんとに上下左右がなくて困るよ^^;
ゲームとしては、このくらいのボリュームならギリギリ飽きずにやれるかなってとこ。
ストーリーとキャラに助けられてる部分が多いので、やっぱヤマトファン向けゲームだろうなぁ。

お話は、TVスペシャル「新たなる旅立ち」をベースに、変更が加えられてる。
オリジナルを見たのが大昔なので、あんまり覚えてないけれど、誰が死ぬとかいうのは記憶にあるから、かなり違うのはわかる。
オリジナルキャラに気の強い女性戦闘機乗りというのは、今どき風でなかなか良いかな。
だいたいヤマトは女性が少なすぎだもんね。
守にーさん救済については、個人的にはうれしいな。予告編見てびっくり~!
しかしこうなると、スターシアがただの頑固者というか、わがまま女王に見えちゃって、ちょっと悲しい…。あのかたくなさの理由の説明ってなにもないもんねぇ。

ただね、トチロー、あなたでばりすぎよ。守にーさんがあれなので、彼が出るのか…というのはわかるけど。(本当かいな) べつにキライじゃないけど、なんかヤマトの雰囲気から浮いてるし。キャラが濃すぎて、タイプの似てるアナライザーや佐渡先生がかすんでしまうのよ。
はっきりいっちゃうと、真田さんと気安いのもなんとなく気に入らん!(なんで)
真田さんは今回も、いろいろひらめいちゃったりして、大活躍。真田技師長(修理担当)は、ヤマトになくてはならない人なのよ。(私がどんどん壊すせいもあるけど!)
それなのに、トチローだけでもなんとかなりそうな雰囲気がゆるせなーい。(←わがまま)
出るのはいいけど、ヤマトの制服着てほしくないのよ。(「ゆきかぜ」もあの服なの?)

そうそう、サーシアが今回「ぷぅ~」くらいしかしゃべらないのに、テロップにちゃんと藩さんの名前があって感動した!(笑)
声優さんといえば、山ちゃんがかなりがんばって古代くんをやってくれて、ときどきあまりにも似てるのが、それはそれで…ホロリ。
トチローとの2役だけかと思ったら、ネコのミーくんまでとは、びっくりね。どこで鳴いたんだ!
広川さんのナレーションも各話毎にいっぱい聞けて、満足満足。
そしてやっぱり、いちばん格好良かったのは、デスラー総統! ばんざ~い!!
[PR]
by mie_tohno | 2005-01-07 20:20 | ゲームのこと | Comments(2)

福袋から始まる新年

a0012575_19282494.jpg新年明けましておめでとうございます!
酉年ですが、犬でスタート。
プリンスくん、年末に美容院へ行って、お正月用のリボンを付けてもらいました。
人間は美容院行ってません(汗)

今日は福袋を買いにデパートへ。
メリーのチョコと、たまごやのお菓子は当たりです。おいしい~(^^)
山本屋の海苔と、松風屋のえびせんべいは普通かな。まだ食べてないけど。
でも下着やさんは、ひどいはずれだった。
いくらなんでもあんまりだ…(>_<)

他には年末にミスド福袋を買った。去年までドーナツ券だったお店が現物になってて、パス。
ちょっと遠いお店に行ったら、1500円で千円分のドーナツ券で、ちょっと悲しかった。
コーヒーやアイスティーが余分に入っていたし、景品も良いものではあったけど。
来年は、また違うお店をさがそうかな。

あと、昨日は大須へ行って、沖縄のお店でも福袋を買った。もろみ酢ほか、いろいろ入っててお得な感じ。沖縄関係好きならおすすめ。中身も展示されてたし。

いや~、疲れたけど、また来年も福袋がんばるぞー!(こりない)
[PR]
by mie_tohno | 2005-01-02 19:45 | 福袋のこと | Comments(4)