<   2004年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ホビットの冒険〈上〉
J.R.R. トールキン J.R.R. Tolkien 瀬田 貞二 / 岩波書店
ISBN : 4001140586



ホビットの冒険〈下〉
J.R.R. トールキン J.R.R. Tolkien 瀬田 貞二 / 岩波書店
ISBN : 4001140594



ロード・オブ・ザ・リングの原作である、「指輪物語」の少し前のお話。
映画で、中つ国ワールドの深淵をのぞき見てしまった人には、大長編「指輪物語」に挑む前に、まずはこの本を読むのがいいと思う。

主人公は、映画にも登場したホビットのビルボだし、魔法使いのガンダルフも活躍。
ドワーフのギムリの父グローインも出てるし、闇の森のエルフ王スランドィルは、レゴラスのとーちゃんだし。フロドの剣つらぬき丸(スティング)や、ガンダルフの剣(グラムドリング)などの由来もわかる。
なによりこの物語は、映画でビルボが執筆していた「ホビット~ゆきて帰りし物語~」
そのもの、なんだから。

戦争と時代の変わり目を描き、全編に寂寥感が漂う「指輪物語」とくらべて、「ホビットの冒険」は、純粋に冒険物語として楽しめる。
映画ではなんとなく淋しげだったエルフ達も、まだまだ元気に歌っていてほほえましい。
それになんといっても、冒険を通して成長していくビルボが、とっても魅力的。
これを読んだらきっと、ビルボのことが好きになる!(たぶん)
ガンダルフも、あいかわらず怒りっぽくて、ナイス~(笑)

子供向けなので、ひらがなの多いですます調で、慣れないとちょっと読みづらいかも。
ただ、「指輪物語」もですます調なので、その点は慣れておくべし!
児童書とはいえ、戦を目のあたりにしたビルボのセリフには、戦争経験のあるトールキン教授の思いがこめられているんだと思う。
「ああ、やりきれない!」
[PR]
by mie_tohno | 2004-07-29 19:31 | 本のこと | Comments(0)
チェックメイト〈前編〉―ブラック・キャット〈4〉 新井 素子 / 集英社
チェックメイト 後編 コバルト文庫 あ 2-17 ブラックキャット 4 新井 素子 / 集英社

発売されてすぐに買ったのに、ずっと放置しいて(またかい)、最近やっと読んだ本。
シリーズ4作目にして完結編の、上下巻組。
ものすごーく間をあけて出る「忘れた頃にやってくる」シリーズなので、1作目からの読者は、あとがきで作者にたいへん感謝される特典あり(笑) (もちろん、私もそのひとり)
2作目~3作目が9年あって、さらに4作目までにも9年近くあったなんて、ほんとびっくり。
でも、新井素子ファンは待つのに慣れてるから、いちばんびっくりしてるのは作者だったりして。

さすがに前の話を忘れちゃったので、1巻目から読みなおし。
そういえば、3巻が出たときにも同じことしたなぁ。(デジャヴュ)
読み切り連作のシリーズとはいえ、キャラの過去だとか意味深なセリフが気になってたので、とうとう完結したのは感慨深いなぁ。

しかしやっぱり、3巻よりは減ったものの、山崎ひろふみくん大活躍。
このシリーズって、初めに読んだときから、千秋の物語だと思ってたんだけど…。
いや、最後まで読んでも、山崎ひろふみくんの物語には見えないんだけど…。
それにしちゃ、出番多すぎだよね、彼。作者にもなぜだかわからないそうだけど(笑)
ま、嫌いじゃないけどね、山崎ひろふみくん。(でも、近くにいたらやだなぁ)

なにはともあれ、祝!完結!!
[PR]
by mie_tohno | 2004-07-25 14:55 | 本のこと | Comments(0)

松本城は急階段

a0012575_1937290.jpg
7/3 つづき
松本駅で荷物をコインロッカーに入れて身軽になると、タウンスニーカーという100円のバスに乗って、松本城へ。

松本は初めてじゃないし、
前から来たいと思っていたのに、なかなか来られなかったんだっけ。

いかにも戦国時代のイメージにぴったりな、黒くて渋いお城だ。
城の前は、上品な芝生と植え込みの庭になっていて、黒いお城との対比がお見事。

中に入ると、最上階の6階まで上がれるようになっている。
手すりが付けてあるものの、階段はすごく急で上るのも一苦労。(降りるのはもっとコワイ)
天守閣にたどり着いて、ほっと一息。さすがは国宝だけあって、観光客もいっぱい。
窓からは、さっきまでいた美ヶ原高原の山がよく見える。遠いなぁ…。

炎天下の中を駅まで歩いてもどり、途中、リンゴのはちみつわさび漬けを買う。
これにて、すべての行程(安曇野、美ヶ原高原、松本城)を無事に終了~。
いつものように盛りだくさんでハードな旅だったけど(4時半起きだし^^;)、お天気も良くて実りのある旅だった。松本も意外と暑いんだなぁと思ったけど、帰り着いた名古屋はもっと暑かった。(湿度がねぇ^^;)                          (おしまい)
[PR]
by mie_tohno | 2004-07-22 19:45 | 旅行のこと | Comments(0)
a0012575_163533.jpg
朝ごはんを食べたばかりだというのに、こけももソフトクリームを食べて、やっと本当にハイキング出発! しばらく歩くと、美しの塔というスポットがあって、たくさんの観光客が集まっている。残雪のあるアルプスの山々も(ほんのちょっとだったけど)、頭をのぞかせていて、素晴らしい景色だ。ここで結婚式をする人もいるという。

道の両脇は牧場になっていて、牛さんたちがのどかに草を食べている。とくに塩くれ場という、牛さんたちが塩をなめにくるところでは、牛さんたちを間近に見ることができる。
高山植物も咲きはじめていて、とくにテガタチドリっていうのがいっぱい咲いている。
他にも、レンゲツツジ(終わりかけ)、グンバイヅルエーデルワイスニッコウキスゲなども少し咲いていた。(ちょっと勉強した)

そんな、別世界みたいな風景をのんびり眺めながら、ホテルへ向かう。なんちゃって、
実は私は高山に弱くて、携帯酸素を吸いながらぜーぜー言ってたんだけどね^^;
さて、せっかくバスで送ってもらったのに、またホテルに戻ってきちゃってすいません。 ホテルの送迎サービスをめいっぱい利用させてもらって、今度は松本へ。
だんだん山を降りていくと、暑くなってくるのがわかる。
ああ、涼しいお山よ、さようなら。下界は暑いよー。(松本編へつづく)
[PR]
by mie_tohno | 2004-07-17 16:36 | 旅行のこと | Comments(2)
7/4早朝
"ただいまたいへんきれいな朝焼けになっております。まもなく日の出となります"
…って、早朝4時半に館内放送!?
眠い目をこすりつつ窓を開けると、ほんとにきれいな朝焼けで、いまにも陽が昇りそう。
あわてて降りていくと、玄関前には人だかりができて、みんな日の出を待っている。
a0012575_195658.jpg
しばらくすると、東の空にオレンジの光が煌めいて、ついにご来光!
みるみるうちに太陽があらわれて、空がオレンジとピンクの中間のような、なんともいえない色に染まっていく…。はー、日の出って生まれて初めて見ちゃった。言葉ではうまく表せないような、不思議な気持ちをかきたてられる、なんとも荘厳な瞬間なんだね。

外に出てた人たち以外も、お部屋の窓から、露天風呂から、思い思いのところでたくさんの人たちが見ていた日の出。信じられないくらい早起きした価値はあったよ。(外へ出るときデジカメ忘れちゃったので、写真は少しあとでお部屋の窓ガラス越しに撮ったもの)

さすがに早すぎるので、しばらくウトウトしてから朝食へ。
朝から盛りだくさんで、おいしかった~。とくに牛乳が濃厚でうまい♪
高原のハイキングに出発~!と外に出ると、今朝はとても良いお天気で、昨日は見えなかった山々が見えている。富士山もうっすらと見えたよ!
山本小屋ってとこまでバスで送ってくれるというので、お言葉に甘えて、そこから歩いてホテルに戻ってくることにした。(つづく)
[PR]
by mie_tohno | 2004-07-14 19:58 | 旅行のこと | Comments(0)
a0012575_18115.jpg夕食のあとは、スライド上映会で美ヶ原高原の四季の移りかわりを見る。楽しい解説をまじえて30分ほどで終わると、今日の星空と夜景のつどいは中止だって。
がっかりしていると、「きれいな満月が出てるよ!」との声で、みんな玄関へ殺到ー(笑) するとなんと、「つどい」のバスが待機しているではないか。

霧が晴れてきたので決行するらしい。あわてて服を1枚とってきてバスに乗りこむ。運転手さんの面白い冗談を聞きながら、真っ暗な道を進んでいく。思い出の丘まで行ってバスを降りると、夏とはいえ結構冷える。

霧でかすんではいるけど、夜景もなんとか見えた。
あいにくの満月で(きれいだけど)、星は少ないが、
それでも都会よりはずっと多く見える。
帰りもゆかいな運転手さんが楽しませてくれた。ありがとう!
お部屋に帰って、やっとおやすみなさい。長い一日だった…。
しかし、明日はもっと長ーい日になるなんて、このときは思いもしなかったのだ。(つづく)
[PR]
by mie_tohno | 2004-07-11 18:09 | 旅行のこと | Comments(0)
a0012575_205511.jpg
7/3つづき
穂高駅から松本へもどると、本日お泊まりの王ヶ頭ホテルのマイクロバスがお迎えに来ていた。バスは美鈴湖を通って、美ヶ原スカイライン(林道だけど)をどんどん登っていく。
エアコンもいらなくなって、窓を開けるとひんやりと冷たい風が入ってくる。(山だぁ!)
途中、アヤメやレンゲツツジ(終わりかけ)、エーデルワイスなどが咲いているのを、
運転手のおじさんが解説してくれる。ホテルに到着してバスを降りると、わー、涼しい!

お部屋からの眺めは、どこまでもつづく緑の高原で、サイコー!(写真)
遠くに牧場の牛さんたちも見えるし、たくさんのイワツバメも飛びかっている。
霧が出る前にお風呂に入るのがいいというので、さっそく展望&露天風呂へ。
するとなんと、イワツバメが1羽入りこんで出られなくなっている。
救助して、露天風呂のぽっかり開いた窓から放してあげた。
しかし、あんまり外に近づくと、まる見え~なので、要注意^^;
すっかり暖まったあとは、リラックスルームで足マッサージマシンに興じる。(ゴロゴロ~)

お楽しみの、夕食タイム♪ サーモンのカルパッチョサラダから始まって、いろいろな前菜、信州牛の焼きしゃぶ、岩魚の塩焼き、山菜の天ぷらなど…、もうお腹いっぱい!
といいつつ、デザートの杏仁豆腐までしっかりいただく。食べすぎだー。(つづく)
[PR]
by mie_tohno | 2004-07-08 20:56 | 旅行のこと | Comments(0)

安曇野めぐりは暑かった

a0012575_195656.jpg7/2 朝から名古屋は真夏のような日差し。はやく涼しい信州へ!という思いを乗せて、列車は一路、松本へ。
そこからさらに大糸線に乗り換えて、30分ほどで穂高駅に到着。まずはここから安曇野めぐりを楽しむのだ。

駅を出るとすぐ、待ちかまえていたレンタサイクル屋のおっちゃんに勧誘される(笑) 荷物を預けて、ぴかぴかのママチャリに乗って、れっつごー! …しかし、暑い。
風は爽やかなんだけど、安曇野といえども炎天下はさすがにキツイみたい(汗)

信州に行ったら、蕎麦を食べねばならない。(決定事項)
そば処上条は、今風のしゃれたお店だけど、水蕎麦がついてたり、あとでちゃんとそば湯が出たりと、なかなかこだわりのおそばやさんとみた☆ 天恵そばっていうのが、温泉卵に海老天や鴨の薫製などなど、いろいろのってておいしかった♪

お腹も満足したので、気合いを入れて出発! すぐに穂高川の川べりにでた。
ここには早春賦の歌碑があって、ボタンを押すとメロディーが流れる機械まであるんだけど、これってどうしても知床旅情よねぇ。(注:それほど年ではないっすよ!)

暑い中がんばって大王わさび農場へ。
ここは観光バスやマイカーの人もいっぱい来てるけど、私たちのように暑い思いをしてたどりついた人はほとんどいなくて、みんな涼しげな顔をしてる。(なんかくやしい)
とにかく暑いんだから、本わさびソフトクリームを食べるわよ!
きれいな淡緑色にどきどきしながら一口なめると、意外にも辛くはなくておいしい♪

人心地ついて、大きなわさび農園を見学。
黒い日よけの下には、きれいな湧水が流れていて、たくさんのわさびが育っていた。
お土産を買ったり、しばしの休憩のあと、おしりの暑くなった自転車で(泣)、駅をめざす。
途中の田園地帯にも、きれいな水がたっぷりと引きこまれている。
2羽のカモがなかよく何か食べていたり、とってものどか~。
これで、こんなに暑くさえなかったら、最高なんだけど!        (美ヶ原編につづく)
[PR]
by mie_tohno | 2004-07-05 19:58 | 旅行のこと | Comments(0)

トロイ

※人物についてのネタバレあり。ストーリーについてのネタバレはなし。

トロイ、見てきました~。
世界史はさっぱりで、「トロイの木馬」「アキレス腱」という言葉には心あたりがあるよ…程度の知識ででかけたけど、話はわかりやすくてよくわかった。
2時間43分と結構長いけど、それほど長く感じずに最後まで面白く見られたかな。
ま、3時間超のロード・オブ・ザ・リングにくらべたら、なんてことないもんね。

この映画、主役はやっぱりアキレス役のブラッド・ピット(以下、ブラピ)だけど、私のお目当ては、ロード・オブ・ザ・リングでレゴラス役のオーランド・ブルーム(以下、オーリー)と、同じくボロミア役のショーン・ビーン(以下、ショーン)だよ(^^)
2人ともなかなかよかった! 「ロード…」でファンになった人なら見て損はないよ~。

オーリーは、ギリシャの王妃様をさらってしまう、トロイの王子パリス役。
もー、いかにもいいとこ育ちのぼんぼんって感じだけど、顔が良いから、ゆるす!(笑)
ちょっと情けないところもあるけど、なんだかんだいっておいしい役である。
王妃さまだって、あんなじーさんよりは、オーリーのほうがいいわよねぇ(笑)
弓矢を撃つシーンもあって、あらまあ、レゴラスそっくり!
めちゃめちゃ強そうに見えるんですけど。なーんだ、レゴラスなら最初から弓で戦えばいいのに。…なーんて、しばし金髪のエルフに思いを馳せる私だった…。

ショーンは、アキレスが信頼する友、オデュッセウス役。
勇猛な戦士達の活躍がめだつ映画で、悪く言えばあんまり考えてない人たちの中、
頭を使う彼は存在感がある。
ボロミアとはまたちょっと違う、知略にたけた戦術家の戦士で、しぶいよー!

最後になっちゃったけど、主役のブラピもなかなかがんばってた。さすが!
無敵の戦士アキレスってイメージと違うんでは?と心配だったけど、かなり鍛えたみたいで、腕の筋肉とか、みとれちゃった。うはー!
[PR]
by mie_tohno | 2004-07-01 19:59 | 映画のこと | Comments(0)

グルメ(名古屋)・旅行・ゲーム・アニメ・映画などなど


by mie_tohno