ブログトップ

実衣のしっぽ日記

姑獲鳥(うぶめ)の夏読みたいといって友達に貸してもらったのに、あまりの分厚さに読みはじめる勇気が出なくて、数ヶ月間も放置したあげく(ごめん)、やっと最近読みおわった本。

はじめに延々とうんちく大会が繰り広げられるので、いったいどーしよーかと思った(笑)
だけど不思議と読むのをやめたくはならなかった。
いままで知らなかったけど、私ってひょっとしてうんちく嗜好だったのかしらん。…などとバカなことを思いつつ、どんどん読み進んでいった。

戦後の話っていうのも、最初はいまひとつ理解しにくかったけど、知らない時代だから逆に、一種のファンタジーみたいに、いつのまにか世界に入りこんでた。
キャラがすっごく「たっている」せいもあるかもね。

一見アヤシイけど、実は理性的でなかなか魅力的な、陰陽師探偵京極堂
よろよろしすぎで読み手をイライラさせまくり(笑)、語り手の関口
こっちはほんとに謎の超能力探偵、榎木津
読者を現実世界に引きもどしてくれる、普通人の木場刑事…。

読み進むうち、「そんなの、ミステリーとしてありえーん!」と思ってしまう部分が多々あるんだけど、それすらもう、作者の術中にはまってしまっているのかもしれない。
だって、人間が見ているのは脳が取捨選択した世界かもしれないけど、小説の世界は、作者が選びぬいた言葉でできた世界なんだから。
なんか麻薬系だよねぇ、この本。
私的には、栗本薫に近いかもしれない。(内容がじゃなくて、自分の読み方が)
…読むのをやめられない。

欠点は、なんといっても本が分厚すぎること。
私、通勤電車で立ってても本を読んじゃうんだけど、(だって一番現実逃避したい時間)、片手で吊革をにぎって、片手でこの本を持つと、手がさけそうなんですけど。
あと私、ミステリーを読んでて、終盤、「あのシーンはああだった」って解明されると、実際にそのシーンにもどって確認してしまう病気もあるの(笑)
こんだけページが多いと、該当のシーンを探すのも一苦労。
ああ、検索機能があったらなぁ。(←コンピューターかぶれ)

…なんか、ここの文章まで長くなってしまった。
やっぱり、うんちく嗜好? それとも作者のがうつったの?!
[PR]
by mie_tohno | 2004-06-27 19:32 | 本のこと | Comments(2)

プリンスくんです

a0012575_20259.jpgあなたのペット自慢を!

今週のテーマはペット自慢だって!

というわけで、うちのプリンスくんです。
(おすましモード)

見えないけど、おしりの毛もながいのよ~。
(暑そう)
[PR]
by mie_tohno | 2004-06-24 20:26 | 日常のこと | Comments(3)

バック・トゥ・ザ・フューチャーBACK TO THE FUTURE
私の持ってるのは、ほんとはこれじゃなくて3部作パックのDVDで、昨年衝動買いして、そのまま放置…^^;
このまえUSJに行ったら、むくむくと見たい気持ちがわいてきて、やっと1作目を見た。TVで吹替版を見たことが多くて(マーティといったら三ツ矢雄二)、字幕版で見るのがとても新鮮。(2、3作目は映画館でも見たけど)

いつ見てもなんど見ても、やっぱり面白い!
奇想天外な冒険と、かっこいいデロリアン。わくわくする壮大な音楽と、笑えるコメディ。
ちょっぴりどきどきする青春の物語でもあるし、ほろっとする部分(ドクを心配するあたり)
も好きだなぁ。

いろんなものがギュッとつまっていて、「映画ってこんなに面白い!」と教えてくれた作品。もともと30年前の世界がメインで、ノスタルジックな雰囲気が漂うから、いま見ても古さを感じないし。
製作の裏話を知るのは初めてだったので、特典映像もなかなか楽しい。
最初、マーティ役を違う人で撮っていたなんて! へぇ~っ。

いつかまた、見たくなって引っぱり出すと思うから、DVDを買っておいてよかった。
とりあえず、2・3作目も見なくっちゃ。
[PR]
by mie_tohno | 2004-06-19 19:39 | 映画のこと | Comments(2)

稲沢あじさい祭り 2

a0012575_203032.jpg
昨日のトラックバックがうまくできたみたいなので、調子にのって、もう1枚。
紫陽花といえば、ピンク~紫~青系と思っていたけど、純白も可憐でいいなぁ。
品種は、望月というのでした。

今日は東京自転車生活さんへ!
昨日の記事へのトラックバックも、ありがとうございました(^^)

そうそう、昨日の日記の「はだか祭りで有名な」は、「国府宮」のことですよ~。
はだか祭りが行われるのは「尾張大國霊神社(国府宮神社)」で、
あじさい祭りとは別のところです。
なんかまぎらわしい書き方しちゃったなと、あとから思ったのです…^^;
[PR]
by mie_tohno | 2004-06-13 20:31 | 旅行のこと | Comments(4)

稲沢あじさい祭り

a0012575_21812.jpg稲沢あじさい祭りへ行ってきました。
場所はあの、はだか祭りで有名な国府宮の
大塚性海寺歴史公園
名古屋の近くに、こんなところがあったなんて!

愛知県だと形原温泉のあじさい祭りが有名で、規模ではそれにおよばないものの、
1万本もの紫陽花が咲きみだれてる。
90品種もあって、こんなアジサイあるの~!と、見あきない。

写真は、珍しいカシワバアジサイ
カタチがカタチだけに、花が重くて横に倒れて咲いてるのも多かった。
こんな紫陽花をの見たのは、はじめて~。

だいせいの脳さんで、<紫陽花.BLOG>という素敵な企画があったので、
トラックバックさせていただきます。
写真もヘタだし、ブログ初心者なので、見よう見まねですが~。うまくいったかな?
[PR]
by mie_tohno | 2004-06-12 21:09 | 旅行のこと | Comments(4)

はてしない物語/ミヒャエル・エンデネバーエンディング・ストーリーの原作本。
映画化されたときは、すごい感動したなぁ。
たとえフッフールがファルコンで犬みたいといわれても、毛並みの感触まで伝わってくるような気がしたし、ロック・バイターが目の前でほんとに岩喰ってるだけで、とにかく感動した!
おさなごころの君は、物語から抜けだしたように美しかった。
SFX技術が進歩した今見たら、どう思うかはわかんないけれど。
…っと、映画の話はこれくらいにして。

私が持っている中で、いちばん装丁が立派な本。
表紙は布張り。本文は2色刷で、現実と本の中の世界がうまく表現されている。
本の中の世界がテーマの童話だけど、いじめや家族の問題、人の心の中の闇など、
いろいろなものが含まていて、考えさせられる。
後半、主人公が嫌な感じになったりして、最初読んだとき、ちょっと嫌だったなぁ。
きれいな夢を見てるだけじゃいられない…。

とにかく珠玉の1冊として、宝物になれる本。
私も宝物みたいな扱いをしてるわりには、2回くらいしか読み直してないような気も。
あんまり大事にしまいすぎかなぁ。いまは文庫本も出ていて(岩波少年文庫)、上下巻にわかれてるけど、読みやすさではいいかな。
[PR]
by mie_tohno | 2004-06-09 20:31 | 本のこと | Comments(0)

名大祭

ひさしぶりに名大祭に行ってきました~。
今回は、新しくできた地下鉄名古屋大学駅を見てみたい、というのもあった。
道路をはさんでキャンパスがあるので、駅から上がるとすでにそこは大学構内のようなもの。いや~、便利になったものよねぇ。うらやましいわー。
びっくりしたのは、いきなり視界に10階建てのきれいな建物がはいってきたこと。
名大にビルがあるなんて!
エレベーターのいらない4階建までしかないイメージだったのに。
(いや、ほんとは理系のほうに5階建とかエレベーターもあったような気もするけど、
そっちはあんまり知らんから)

驚いたのはそれだけじゃなかった。
なんと、文学部も工学部も、かなりの校舎がピカピカになってる~!
いやまぁ、前から古かったから、不思議じゃないんだけど。
でもでも、経済・法学部棟は古いままだぁ~!(がーん)
昔は全部の建物が古かったから、こんなものかとあきらめもついたんだけど。
今の学生は、学部によってはショックだよなぁ。
あの古くてきたないのと、ピカピカのビルの落差が大きすぎ!
ピカピカのビルはトイレもきれいだし、おしゃれなカフェまでできたらしい。
うう~ん、とても名大とは思えない雰囲気…。(←ほめている)
[PR]
by mie_tohno | 2004-06-06 17:41 | 日常のこと | Comments(0)

わが心の本たちを、ときどき思い出したように紹介するコーナー!(いま作った)
多少のネタバレあり。

cover

ちょっと前に映画化されたから、動物と話せる獣医さんってくらいは知っている人も多いかも。
あれはあれで面白かった(エディ・マーフィおもろい)けど、原作はもっととんでもない話なのだ!

アフリカへ冒険に行って、オシツオサレツとかいう妙な生き物にであったり、巨大カタツムリの殻に入って海底を旅したり、郵便局やったりサーカスやったり、「ノアの箱船」の時代から生きているという亀から、異様に長い体験談を聞かされたり、もうたーいへん。

子どもだったから、「動物と話せる」くらいはあってもいいかな、いまは無理でもちょっと未来なら。…などと思って読んでいたけど、巨大蛾に乗ってとうとう月に行ってしまうところで、「さすがにこれはありえん!」と思ったものだ(笑)

きっとそれが、私がファンタジーに目覚めた瞬間。
そして、私が生涯のうちで初めてはまった本。

ハリー・ポッターよりもずーーっと面白い!(いや、ハリーも好きだけど)…という記憶なんだけれど、子どもの頃に読んだせいなのかどうか、確かめたいような、せつなくなりそうでちょっとこわいような。
う~ん、やっぱり読み直したいけど、手もとに数冊しかないんだよねぇ。
[PR]
by mie_tohno | 2004-06-03 20:32 | 本のこと | Comments(0)