指輪物語〈1〉旅の仲間 上1 ※ネタバレあり

新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1
J.R.R. トールキン J.R.R. Tolkien 瀬田 貞二 田中 明子 / 評論社

すべてのはじまり、旅立ちの章
っていうか、実際には本格的な旅立ちまでは行ってないんだけど^^;
登場人物は、ほとんどホビットたちと、魔法使いガンダルフだけ。
(あと、エルフと黒の乗り手がちょびっと)
映画ロード・オブ・ザ・リングでは、ほとんど省略されている、長い長~い旅立ちまでのお話。ブランディワイン川の渡しを渡ったところの堀窪(映画にはないフロドの新居)までで、まだブリー村にも着いてない。

初めて読むときは、最初のホビットについての解説部分を後回しにしたほうが読みやすいと、よく言われている。だけど、私がこの部分を読むのは3回目。ホビットの暮らしもだいたいわかってるし、映画の美しいホビット庄を思い出しながら読むと、とっても趣深い。
(ああ、平和なシャイアよ!)

最初に読んだときは、ちっとも旅立たなくてイライラしたりもしたけど、もう結末を知っている身としては…、急ぐ旅じゃないもんね。闇の影響もまだそれほど感じられない、ホビットたちののんびりした旅を、じっくりゆっくり楽しみたい。
映画にはなかったフロド&サム&ピピンの3人旅のとこなんて、とくに微笑ましい♪
お風呂シーンも、映画の顔を思い浮かべちゃうと、もうサイコー!
茸を「ぜんぶ自分のだ!」と言いつつわけている、フロドにも(笑)

なによりも、映画ではあまり描かれなかった、メリー&ピピンとフロドの友情に感動!
彼らがフロドと一緒に旅立った、本当のいきさつ。
フロドのことを大切に思っていたのは、サムだけじゃないんだよね!
あと、でぶちゃんのボルジャーのこともお忘れなく。(旅の仲間 上2へつづく)
[PR]
by mie_tohno | 2004-08-29 15:34 | 本のこと | Comments(0)