インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国

映画って、ほんとに楽しいですね!
と、純粋に楽しんだ待望のシリーズ4作目。1~3作目の復習もしたし(だいぶ前にDVD-BOX買ったのに見てなかった^^;)、久々に前売券を買って観た映画となりました。コレクターズ・ブックほしかったのに、間に合わなくて絵葉書。(ぬかったわ)



まず帽子から登場!のインディにワクワク。テーマソングが少しずつかかるのもニクイわ。(最近TVでやたらとかかっていて、そのたびに反応しちゃうよ、車のCMとか) 年は取っても変わらず「インディ」なハリソン・フォードはもちろんのこと、敵役のケイト・ブランシェットもいいですなぁ。ロード・オブ・ザ・リングでの美しくも恐ろしいエルフの奥方が印象的だったのに、今回はアクションもありのソ連の冷徹な女将校がぴったり。

インディ、核実験から冷蔵庫で逃れちゃうのはどーよ。放射能以前にあんなにゴンゴンぶつかっちゃって、ふつー中で死んでるよ。…まぁ、インディだからねぇ^^;
1作目がヘビ、2作目ムシ、3作目ネズミだった、インディ名物の気持ち悪いシーンは、今回もあるんだろうなぁとイヤイヤ(笑)期待してたら、殺人アリの大群でした。うえー。しかしCGだと思えてしまうぶん、2作目の最悪ぶりにはかなわないけど。(かなわなくていいし)

若き相棒とのふれこみだった彼は、ヘンリー三世だったんですねぇ。マリオンが出るならそうかも?とは思ってたけど、やっぱり。それを聞いて、急に父親ぶるインディには(笑) そんなコメディ・シーンが、わりかし多かった気がするな。「マット猿になる」のシーンはウケたし。(ありえん、ありえんけど) 「3回落ちる」も、やっぱりこうなるかと思いつつ笑うしか!

肝心のクリスタル・スカルは、思ったより大きかった~。光ってきれいだし。このへんのオカルト話もちょっとレトロな風味。私、子供の頃にUFOとか「ムー」とか流行ってた世代だから、郷愁を感じます。宇宙人(?)ときたら、断然ああいう形じゃないとね。

冒険・戦い・ロマンス・笑いと、いろんな要素を詰めこんで、まったくあきることなく楽しませてくれる2時間。ファンにとっては、インディ健在が何よりのプレゼント。そして、初めての方にもぜひ楽しんでもらいたい。「昔の映画」とか「おじいさん」とか言っちゃだめよ!
[PR]
by mie_tohno | 2008-07-07 19:43 | 映画のこと | Comments(0)

グルメ(名古屋)・旅行・ゲーム・アニメ・映画などなど


by mie_tohno