地球へ・・・ Premium Fan Disc 2 [ブルー×ジョミー]

地球へ・・・Vol.2 【完全生産限定版】 / アニプレックス

「地球へ・・・」のDVD、すでに4巻まで手元にあったりして。(わはは)
だいぶ遅くなっちゃったけど、2巻のオマケCDの感想を。



■オープニング
1巻が[ジョミー×ブルー]で、2巻が[ブルー×ジョミー]って、どう違うんやねん!(ツッコミたい) 前回はジョミー役の斎賀さんがメイン・パーソナリティーで、今回はブルー役の杉田さんがメインということみたい。ちなみに竹宮先生のジャケット画は、1巻がブルーで2巻がジョミーです(^^)

■トークセッション
番組のマザーこと阿部プロデューサーの指令によるアドリブ作文に、斎賀さんが挑戦。今回のお題は、「天然パーマ」「卒業アルバム」「ダイエット」。この3つのキーワードを入れて、「私と地球へ…」という作文を60秒間でしゃべるんだから、たいへんです。
ファンからのメッセージコーナーでは、ソルジャー・ブルーがマントや補聴器、ブーツまでつけて寝ている件についての考察(笑) 杉田さんによると、ベッドやスーツが高性能なのと、フィシスが介護してくれてるので大丈夫なんだそう。(ブルーおじいちゃん?)

■勝手にオーディオコメンタリー
4~6話のストーリー・ダイジェストと、内容についてのコメント。4話はジョミーたいへんだったとか、ブルーの苦悩とか。5話はシロエかわいい話。6話はキース初登場について。ミュウ側はお休みなのに、斎賀さんはスタジオへ行ったとか。杉田さんも真面目に話してるんだけど、トークセッションでのブルーおじいちゃん説をひきずってるのが笑えます。

■コミックリーディング
なぜか異様にハイテンションなノリでスタート。アニメなら4話あたりに相当する、いわゆる「ジョミー大爆発」の原作シーンを再現。(新装版の1巻129~137P) 原作ならではの、しっとりと味わいのあるブルーのセリフ満載で素敵(*^_^*) …なんだけど、ハーレイやゼル、果ては効果音まで杉田さんが演じているのが、可笑しくて可笑しくって。「地球へ… プレミアムファンディスク ブルー×ジョミー」のタイトルコールまで、ハーレイのものまねでという念の入れよう(笑)

■スペシャルドラマシアター「私立☆シャングリラ学園」~第2話「転校生」
生徒会長(=ソルジャー)の仕事を押しつけられてる苦労人のジョミー。今日も今日とて生徒会室でお茶を飲んでる(だけの)、ブルーとフィシス。大人しそうで意外とあなどれない書記のリオ。っていう、4人の構図が定着してきたなぁ。そこへ現れたE1077学園からの転校生、キース・アニアン。初登場とあって、はりきって笑わせてくれます。(さすが子安さん) マザー・コンピュータおかしすぎ~。ただし、壊れ方ならブルー様も負けてはいません。「あぁ、静かだ…ゆっくりと僕は眠ろう」「僕は死んでます」「へんじがない ただのソルジャーのようだ」と、迷セリフ炸裂! わはは、原作のセリフまでギャグにしちゃって^^; リオにまで「だめソルジャー」なんて言われて可哀想なジョミーと、「あなた、地獄に堕ちますわよ」と恐すぎるフィシスも印象的でした。

■エンディング
サントラ2に収録されている、斎賀さんの「カミホ~♪」の告知あり。
ディスク全般としては、前回よりも力が抜けたかんじで気楽に楽しめた2巻でした。

地球へ・・・ プレミアムファンディスク1の感想はこちら
[PR]
by mie_tohno | 2007-11-10 21:13 | アニメのこと | Comments(0)

グルメ(名古屋)・旅行・ゲーム・アニメ・映画などなど


by mie_tohno