地球へ… section21 星屑の記憶

疲れ目とか言いつつも、「地球へ…」の感想を書いてしまうのだった。
だって最終回へむけて佳境なんだもん! なるべく短めに~。



いきなりブルー様登場かい!(うれしい♪) ジョミーはいつもブルーと、心の中で(補聴器を通して?)話してるんですね。このシーンと、後のトォニィとアルテラの会話シーンとで、ジョミーの秘めた本当の気持ちが浮き彫りに。「いつも心で泣きながら戦っている」なんて、わかってはいたけど、せつない…。そんなジョミーをこんなにも理解して信じてるトォニィの報われなさも、なんかせつないなぁ。

トォニィとアルテラがいい雰囲気で(アルテラの片思いだけど)、おヤエさんがすねて泣く場面は、戦闘シーンの多い今回の貴重な和みポイントでした(^^) なのに、最後はアルテラの死という悲劇になってしまい…。せっかく青春してたのに、儚かったなぁ(T^T) …と悲しむいっぽうで、トォニィってば見かけによらず(失礼)男っぽくて素敵♪ とか思ってしまう私がいます。(ゆるして) 男らしいのは声のせいかなぁ? それに「やろう、ゆるさねぇ!」なんてワイルドなセリフを吐くキャラ、この番組に他にいないし。

キースったら、ジョミーの両親とスゥエナの子供を人質に取っちゃうかー。なんかもう、戦争というより姑息な作戦だよねぇ。あの陰険グレイブさんが、また嫌そうな顔してましたよ。それにしても、そんなキースに助けを求めてしまうとは、スゥエナは「変わったわね」とか言いながらも、結局キースの人間的なところを信じて期待していたんですね。

予告からすると来週は、トォニィVSマツカということになりそうです。わーん、どっちも今や愛着がわいてるキャラになってるから、死んでほしくないよー(T^T)
[PR]
Commented by Moko at 2007-09-02 21:36 x
わ~ん、実衣さん、21話も凄く良かったけど、死者いっぱいで悲しいよ~。
冒頭のブルー様、これまたホントに美しかったですね。このところからジョミーがベッド脇に座っているシーンがあって、青の間をジョミーはどのように使ってるのかしら?って気になっていたんですが、心の中のブルーと対話する瞑想の場みたいな使い方しているようですね。
各自戦艦にのってノリノリな長老ズ、生き生きとしてたし、若返ったシャングリラブリッジは賑やかそうで良い感じ。
恋するアルテラ、可愛かった。OPの気持ちよさそうに宇宙を飛んでる彼女の姿が好きだから、来週のOPは切ない気持ちになってしまいそう。アルテラを失って、暴走するトォニィにさすがカリナの子、と思ってしまいましたよ。それを止めようとするジョミーもまたカリナの時と重なって見えて・・・でも今度は止められて良かった。

>。「いつも心で泣きながら戦っている」
トォニィがジョミーの気持ちをここまでわかってるんだ、っていうのは嬉しかったし、ジョミーもトォニィに優しかった・・・あぁジョミー強いよ~、さすがソルジャー、格好いいよ~。どうかジョミーに優しい結末を・・・
Commented by mie_tohno at 2007-09-03 20:11
冒頭のブルー様が美しいのは当然として(おい)、憂いをたたえたジョミーも美しかったですね。ジョミーにとっての青の間は、以前は眠ってるブルーと、今は心の中のブルーという違いはあっても、語らう場所として心のよりどころになってるんでしょうね。

そうそう、今回ジョミーはトォニィに優しかったですね。トォニィはそれで少し報われるのかな。うん、暴走が止められてよかったです。来週はジョミーのためにと無茶をしにいくみたいで、いちずなだけに心配~。

サイオン攻撃が効かない兵士が乗りこんできたときのジョミーは、さすが頼りになるソルジャーという風格が感じらて素敵でした。そんなジョミーに私も、心の安らぎと希望のある結末を願ってやみません。ブルー様は300年も生きたけど、ジョミーはまだ若いんだし。(今30代くらい?) それを言ったら、ナスカチルドレンなんて幼稚園児くらいなのかしら(T^T)
by mie_tohno | 2007-09-02 19:58 | アニメのこと | Comments(2)

グルメ(名古屋)・旅行・ゲーム・アニメ・映画などなど


by mie_tohno