ブログトップ

実衣のしっぽ日記

地球へ… section16 赤い瞳 蒼い星

「ブルー三部作」というのは、15話の直前に一部地域で放映された特番「toward the last moment of soldier blue」の中で、言っています。公式サイトで見られるようになりましたが、CBCでもやってよー。



ミュウ側と人間側、それぞれのナスカ決戦前のひととき。…なんですが、ほとんどブルー様のための回でした。それがまた「最後の戦い」を感じさせて、せつない~。

とくに多かったのは、ブルーとフィシスかな。冒頭は、少女時代のフィシスを救い出すブルーの回想から。水槽のフィシス、かわいいなぁ。しかし途中でキースにフィシスを奪われて…、どうやらブルーの見ている夢だったようです。瞳を閉じて涙するブルー。わわ、前回フィシスがキースをかばったことが、そんなにショックだったの?

「ただいま、僕の女神」 そう言って、フィシスをそっと抱きしめるブルー。他の人がやったら気障すぎて倒れそうなシーンが、美しく様になってる「戦士と女神」な二人。眠っていた15年間を「星の瞬きのよう」と言ってますが、本当にすっかり眠ってたのねー。「大丈夫、僕がみんなを守るよ」と、フィシスを安心させようと努めつつ、「地球(テラ)を、見たかった…」 ひそかな独白が、あまりにもせつなくて泣ける…。

いっぽう、ナスカ総攻撃を前に、悪役街道まっしぐらのキースさん。だからって、マツカを陰険にイジメてまで、悪の道にひたらなくてもいいのに。と思ったら、じゃれあってたのかー!(笑) …マツカのほうは、いたって真剣みたいなんですけど。なんかキースがあんまり邪悪(に見える)なので、相対的にマツカの好感度がアップしてます。デスラー戦闘空母みたいな(笑)真っ赤な艦に乗りかえたときの、とまどいっぷりが微笑ましい。

ジョミーに対してのブルーは、長としてのあり方を示したり、ハーレイにこっそりテレパシーで頼んだり、みんなの前でわざわざ「ソルジャー・シン」と呼んでみたり、大忙し。まさに父親モードです。「これが最後のチャンスになるかもしれない」なんて、みんなの盾となって散る気満々なのー?(涙)

最後にもういちど、ブルーとフィシス「すぐ戻るよ」なんて言いつつ、補聴器を形見みたいに渡していくなぁー(T^T) そしてついに、メギド(惑星破壊システム)発射! 「そうはさせない!」と、マントをなびかせて勇ましく出陣するブルー。おお、不可能を可能にする男!(あれ?) って、こんなとこで終わっちゃうのか、うわーん。次回どうなっちゃうのー?
[PR]
by mie_tohno | 2007-07-25 21:11 | アニメのこと | Comments(0)