ブログトップ

実衣のしっぽ日記

SEEDをもう一度見よう 12 (PHASE 45-48)


機動戦士ガンダムSEED 12
/ バンダイビジュアル

まだ終わってなかったんだ…。と思われそうなほど、忘れた頃に書いてる連載も、あと少しで終了です。




PHASE-45 開く扉
PHASE-46 たましいの場所
PHASE-47 悪夢は再び
PHASE-48 怒りの日

クルーゼ劇場みたいな、45話。
夜のネコの目みたいになったアスランさんが戦ったりしてる他は、ほとんどクルーゼしゃべりっぱなし!(イザークとディアッカの話し合いその後も、ちょっぴり) 関(俊彦)さんのこういう語りは、聞き応えがあるなぁ。このあたりが、私がSEED以前から知ってた声優さんの、若いほうの限界ライン^^; 関&子安といえば懐かしい作品もあったりしますが、ものの見事にキャラクター性が逆転してますな。

帰ってきたフレイ、46話。
うわ、こんな救命ポッド、ゲーム(連ザ2)で苦労して回収した…と思ってしまった^^; アズラエルじゃないけど「戦争を終わらせる為の鍵」ってなんだろうと、当時は気になったっけ。後半は、語りあうムウとマリュー、「泣いてもいいのですよ」とラクスに言われて泣くキラ、アスランに寄りそうカガリと、情緒たっぷりに進んでいきます。ずっと「FIND THE WAY」が流れていて、アスランが「なんだかみんなが泣いてるみたいだな」と言って、そのまま静かにエンディングになるのがいいです。

47話、核が撃たれ、ジェネシスもまた…。
物語はクライマックスに向けて突き進んでゆきます。キラやアスランの出番は少ないけど、この先どうなるんだろう?破滅に向かってしまうのか?と、わりと真剣に見てしまう回。(もう知ってるけど…) フレイには、本人も言ってるように、みんなとちゃんと話させてあげたかったな。イザーク&母、親子で活躍の回でもあります。

カップル&キスシーンでいっぱいな、48話。
ジェネシス発射のあと、最後の激戦を予感させる中で、出撃前のひととき。アスカガとしてはやっぱ、「おまえ、死なせないから」「カガリに会えてよかった…」が目玉ですね! ああ、なんて初々しい二人なんだ(*^_^*) カガリのキラ弟発言も好きだなぁ。ディアッカとミリアリアのちょっとしたやりとりも、とてもいい。

PHASE 49-50へつづく
[PR]
by mie_tohno | 2007-01-21 20:24 | ガンダムSEEDのこと | Comments(0)