ブログトップ

実衣のしっぽ日記

ロボットミュージアム in 名古屋

名古屋栄に10月オープンした、ロボットミュージアム in 名古屋に行ってきました。

a0012575_204685.jpgまずは1Fのロボット未来デパートメントにて、ロボットショーを鑑賞。週末に行われてるこのショー、入口に時間が書いてあるので要チェック。プラレス三四郎(古っ)サイズの小さいロボット達のデモを見せてくれます。詳しいことはよくわかりませんが、リモコン式とプログラム式があるみたい。二足歩行はもちろん、側転するのや、ローラースケートするのや、太極拳するのなど、多彩なロボくん達。実際に商品化されて売ってるんだから、すごい時代になりました。

いよいよ有料コーナーのロボシンクへ。万博の三菱未来館にいたワカマルくん(写真↑)がお出迎え。万博では人垣の向こうにしか見えなかったから、こんなに間近で見るのは初めてです。(2Fにもワカマルくんがいて、そちらはおしゃべりも可能)

a0012575_2095864.jpg1Fは企画展で、ただいまドイツからアーティストな産業用ロボットが来ています。1体は、シルエットを描いてくれるロボ。せっかくだからへんなポーズ推奨。もう1体は、モーター音で音楽を奏でるロボット。モーターの軋る音って…、なんかその道の人が喜びそうなシュミの世界ねぇ(笑)

2Fはテーマ展示で、貸し出しiPodによる音声ガイドを聞きながら、ロボットの歴史を勉強します。ゴーレムやフランケンシュタインから始まって、アイザック・アシモフやSF映画メトロポリス、アトムに超合金にガンダム…。それ、ロボットの歴史じゃなくてロボット物の歴史でわ!(と心の中でツッコミまくり)

a0012575_2014389.jpgもっと科学技術的な展示かと思いきや、なにこのマニアックさ(笑) ロボット史は、まだ大半がフィクションの歴史なのですね。なんと、ちっこいエールストライクさんまでいましたよ。「2002年 機動戦士ガンダムSEED放映開始」 わー、歴史上の出来事になってるー!

やっと、本物のロボット展示。あの有名なホンダのアシモくん(写真→)がいます。(動かないのが残念) 個人的に懐かしかったのは、つくば科学万博にいたピンクと水色のロボット。わー、私がお土産に買ってきたのと同じ人形(写真右下)まであるよー。

a0012575_2014514.jpgお楽しみの体験スペースでは、イフボットやハローキティロボと、どこか不毛な会話を楽しめます。(だってちっともわかってくれないんだもん) また、ロボットに関する書籍を読んだりできる図書室にもなっています。ドラえもんとかアラレちゃんとか(笑) SEED DESTINY RGBと竹書房のムックも発見。

a0012575_20191367.jpg
さらに隣の部屋では、ソニーのAIBOくんやあざらしロボのパロちゃんと戯れることができます。アイボは5、6匹はいたかなぁ。ゆっくり触れて楽しかった♪ なかなか思いどおりにならないところが、見ていてあきないです。

と、なかなか楽しんできました(^^)
入場料が高い(1300円)のが難点ですが、ロボットに親しみを感じる人ならばそこそこ楽しめるでしょう。それほど大きい規模じゃないけど、音声ガイドが異常に長いので、全部聞きたいなら時間がたっぷり必要です。一般バージョンと専門家が語るバージョンの2つ入ってるんだけど、専門家のほうはうんちくが長いよ!(半分も聞けんかった…) 聖咲奇氏ってなにもの?と思ったけど、どうもSF関係の方のようです。
[PR]
by mie_tohno | 2006-12-06 20:42 | 日常のこと | Comments(0)