ブログトップ

実衣のしっぽ日記

機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションII 「それぞれの剣」

またしてもDVD発売前に、未放送地域としてはフライングで見ることができました。
録画してくれて、鑑賞会をしてくれて、いっしょに見てくれて、差し入れしてくれて、みなさん本当にどうもありがとう!

私がはまったのはTVシリーズ「アスラン脱走」のあたりなので、今回もまた久しぶりなところです。ぼーっと見てるだけだったのと、夢中になって見るのとでは全然ちがう! わーい、なにもかも新鮮ー! おわり! …って感想じゃだめ?(だめ)

実際、スペエディの感想を書くにあたって、どこが新規なのかあんまりわからん!というのはマズいような気がする。なので、いただいた録画DVDをじっくり見直してみた。…またしても、まるで初めて見る人みたいに、最後までひたすら一生懸命に見ただけだった(笑)
面白かったー。余は満足じゃ! わはは、もういいや。思ったままの感想を書こうではないか。(口調がへん)



【全体】 否応なく悪いほうへ進んでゆく状況の中、起承転結の「承」のパートを貫くのは、やりきれない怒りと悲しみ。アスランもシンもカガリもキラも、トダカさん達も、みんな戦争なんかしたくないのに。「どうしてこうなっちゃうんだー!」という想いが交錯するなか、少し違って見えるのは、議長とラクス。議長は一人いろいろなものが見えてるようだし、ラクスはこれから見ようとしてる。そんなところかな。

【役割変更】 配置換え?みたいなのがいくつかありました。アスランが迎えに来るところがルナマリアになってたり、議長が説明するところ一部レイになってたり。いくらなんでも覚えてるから、こういうのは気になります。いったいどう受け止めればいいんだろう? キャラクターは俳優さんで、いろんな演技バージョンがある、とか? でも私、どんな意味があるにせよ、アスランはもちろん、ルナマリアもレイも議長も物語上のコマみたいには思いたくないんだ。ただ一つの物語世界に「彼らがいる」という夢を見たいだけなんだ。そう思うと、スペエディっていったいなんなんだろう?と、ちょっぴり哀しくなってしまった。

【音楽シーン】 スペエディ名物? まずは、ミーアのえもーしょん♪ それは戦闘シーンにあわないだろう! と、つっこんでほしそうな気が(笑) ハイネ、自分の歌にのって華々しく死す。(そうきたかー) おおいそぎでも、ゲストキャラにしては出番ありました。でも、もしも西川くんと知らないで見たら、突然出てきて去る意味不明人物かな?

【キラ&ラクス】 ハロを修理してるカットでのキラって、上が真っ赤で下が真っ白のすごい格好っ! と思ったら、オーブ軍服の上着を脱ぐとこうなるのか。うわー、もしも、いろんな色の人が何人もくつろいでいたら、ますますすごい光景に…。(想像)
深海のシーンは、私、結構好きだな。(って言っとこ) 勇ましく出て行こうとするのが女のほうで、引き止めているのが男のほうっていうのが、なんともこの2人らしくて面白い。

【アスラン】 今回まるで主人公みたいに見えるんですが、なぜですか?(主人公だからです) けっして、E.D.で真ん中にいるせいだけではないと思うわ。あれはなんかむずむずします。落ち着かないし照れるし。(←私が照れてもしょうがない) そしてそして、なんだか凛々しくて男らしいような気さえするんですが! 怒鳴ってるシーンが目立つせいかな? …まぁ、そんなところも好き、ですけど。(←ルナマリア風←無視される)

【アスカガ】 アスラン視点になると、カガリの様子がほとんど見えないという、不憫なふたり…。いきなりカガリの結婚式から始まっちゃってるのも、アスランは後から事実を聞いただけで、それまでのいきさつを何も知らない、ということがよくわかる。

四者会談のところでは、最後の捨てゼリフがなくなってました。(それくらいはわかるもん) ここ本編で見たときは、わけわかんなかった私です。(のちに、カガリの結婚のことを責めているのだと聞いて、すごく納得した) 「理解はできても納得できないこともある」なんて、怒っているのにへんに説明的で、逆に相手に通じづらい。この不器用さもアスランらしい気はするけどねー。とはいえ、「???」という感想になるのは、まずいわね…。今回のほうがわかりやすいのはたしかです。呼ばれて振り返ったのに、黙ってきびすを返して去る。こっこれは辛い! 見ているほうもぐっとくる。(行かないでー) しかし、先のことがわかっちゃってるので、逆にそんな気をもまないでいられたりもします。

E.D.のカットは歌とともに、せつなく美しくてよかった。DESTINYって、こんなにもせつない物語だったんだ。知らなかった…。(おい) カガリのドレスの透け具合も、つい気になっちゃったけど。

【オーブ】 トダカさんとタケミカヅチの最期は、素晴らしく盛りあがりました。人が死ぬシーンでとくに盛りあがるのは、ガンダムのいけないところだとも思ってはいたけれど、それでも考えさせられるシーンです。軍人が国の命令にそむいたら、それは軍の暴走になってしまう。でも、もしも国が間違ってしまったら? そのために敵の誰かを殺し、自らもまた死に赴くことになる…。あまりにも悲しくてやるせない。私は前作SEEDのときは、オーブが日本をイメージしているとは知らなかった。(南国だし) DESTINYでは、ここまではっきりと描いています。私の祖父は戦死してますが、会ったこともないからやっぱり戦争は遠い話です。それでも、どんなふうに死んでいったのか…と少しだけ考える、日本の夏です。


ありゃ、しんみりしちゃった。
そのうえ、実はこれを書いていたら、声優の鈴置洋孝さんの訃報が飛び込んできてしまいました。私はほんとのこというと、ブライトさんの声も日向くんの声も「あんまり好きじゃないなー」なんて言っていたほうです。でもずっと親しみがあったからこそ、そんなことを言っていたわけで。なんだか泣けてきた…。謹んでご冥福をお祈りします。

それにしても。
「いったい何を感想に書けばいいのか…」なんて言ってたのに、なんだ私は!
どうかんがえても多すぎるじゃないか!(笑) まとまんなくてすいませんm(__)m
DESTINYには前作SEEDにはない、2作目特有の“熱”みたいなものがある気がします。少なくとも私にはそう。
私がこのアニメにはまって、そろそろ1年というところ。SEED時代からずっとファンだった人に比べれば、まだまだですね。うん、まだまだ、ばかみたいに好きでいます…。
[PR]
Commented by Moko at 2006-08-12 03:20 x
わはは、今回一番熱い反応を示したのは実衣さんで決定!読んでて楽しくなりました。
>…まぁ、そんなところも好き、ですけど。(←ルナマリア風←無視される)
爆笑!実衣さん、ついに告白(で、玉砕?)
> E.D.で真ん中にいるせいだけではないと思うわ。
EDのパイロットスーツ姿の3人の中でセンターに現れるアスランの首の角度が素敵で素敵で・・・

>うん、まだまだ、ばかみたいに好きでいます…。
うんうん、まだまだ一緒にばかやりましょうね(^^)
Commented by mie_tohno at 2006-08-12 20:28
はぁーい、熱くなって玉砕の実衣ですよー!(笑)
あまりにも久しぶりに見すぎなだけ、という話もありますが…。
いきおいまかせの長文を読んでいただいて、ありがとうございますっ。

>EDのパイロットスーツ姿の3人の中でセンターに現れるアスランの首の角度が素敵で素敵で・・・
さすがMokoさん、なかなか細かいところにチェックを入れてます。(あとでじっくり見てみよ)

>うんうん、まだまだ一緒にばかやりましょうね(^^)
ねー!!
Commented by たいむ at 2006-08-13 09:17 x
実衣さん、こんにちは。
Mokoさんに一票!
私も実衣さんの新鮮な感想がすごく楽しかったです。

>今回まるで主人公みたいに
え?みたいって・・・ 「主人公」でしょ?すぺえでぃは!(私の中ではいつでも主人公♪)

>いろんな色の人が何人もくつろいでいたら、
わはは。思った思った。
くつろぐどころか、運動会が始まりそうですよね。

信じられないことに、本当の意味でアニメにはまってから私も2年ちょい。
この歳で馬鹿出来る仲間がいて嬉しいです。ね、同じ歳!!


Commented by mie_tohno at 2006-08-13 20:52
たいむさん、こんばんは。
いまだに新鮮でどうするよ…という気もしますが、楽しんでもらえたならば私は!(T^T)

>え?みたいって・・・ 「主人公」でしょ?すぺえでぃは!(私の中ではいつでも主人公♪)
うん、知ってる…。のに、まだ慣れないかんじがする私です。(もじもじ)
「私の中ではいつでも主人公」って、いいなぁ。たいむさん、素敵…!

>信じられないことに、本当の意味でアニメにはまってから私も2年ちょい。
>この歳で馬鹿出来る仲間がいて嬉しいです。ね、同じ歳!!
おお、これからもさらなる記録更新に向けて、どこまでも邁進していってください。
もちろん私もいっしょに行きますわ! 同い年ばんざーい!!
by mie_tohno | 2006-08-11 21:18 | ガンダムSEEDのこと | Comments(4)