新版 指輪物語〈4〉旅の仲間 下2

新版 指輪物語〈4〉旅の仲間 下2
J.R.R. トールキン J.R.R. Tolkien 瀬田 貞二 田中 明子 / 評論社

これまた、ひっさびさの感想文。
指輪を捨てる旅は、いつになったら終わるのか…。



モリアからアモンヘン(一行の離散)まで。
映画ではもうちょっとプラスして、ボロミアのシーンまでが1作目に入ってる。というのも、もともと原作は3部作というわけではなくて、単に「長すぎるから分けた」ということで、「旅の仲間」の終わりにクライマックスが用意されてるわけではないから、らしい。

この巻の見どころは、なんといってもロスロリアンでしょう!
裂け谷であれだけ長く滞在したというのに、またしてもここで1ヶ月も過ごす仲間たち。エルフの地では、時の流れが違って感じられるんだって。ロリアンがどんなところかということは詳細に描写されるんだけど、ああやっぱり私、映画を見るまではあんまりよくわかってなかったなぁ。映画のロリアンがすべてではないと思うけど、今原作を読んでると映画の風景が浮かんできて、ものすごく想像の助けになる。

ああ、素晴らしきロスロリアン! そしてガラドリエル様!
もうガラドリエル様は、映画のイメージそのままで読んでる。映画版は贈り物のシーンがフロドしかなかったけど、DVDのSEE版ならみんなのも見られる。このシーンはキモだとおもうので、絶対あったほうがいい!と原作を読んでますます思った。ガラドリエル様の笑顔も見られて、とっても優しい人だとわかるし。

大河アンドゥインのアルゴナスの像も、想像力が足りなくて、かなり映像に助けられたなぁ。映画では「あんなだったんだー!」と素直に感動。でもここのアラゴルンは原作のほうが格好良い気がするので、映画のアラゴルンで原作シーンを想像してみたら、なお良し!

そしてついに、一行の離散。ここの場面展開は映画がわかりやすいんだけど、心情描写が不足するんだよね。ボロミアの後悔やサムの必死さはよくわかって感動なんだけど、どうしてフロドが1人で旅立つことになったのか、いまいちわからなかったら、ぜひ原作を読んみてほしい。フロドってえらい! そしてサムもえらい!(頭使ってるし)と、きっと思うはず…。

(二つの塔 上へつづく)
[PR]
Commented by puftaddy at 2006-01-22 06:55
mieさんおはようございます。
そうなんですよね。映画を観てたら、何故にフロドが一人旅に走るのか動機が伝わってこないのですよね。そしてそれを容認、というか放置した旅のメンバーの気持ちもイマイチよく分からないのですよね。
僕もはやく原作本を手にせねばー(^^;
Commented by mie_tohno at 2006-01-23 20:56
puftaddyさん、こんにちは。
フロドが誰のために何を考えて、一人で行こうとするのか。
それがわかると、その意志を尊重するアラゴルンの気持ちも、理解してなお自分だけはついていこうとするサムの気持ちも、どちらもぐっとくるんですよー。膨大で繊細な原作の世界にも、ぜひ触れてみてください。
そしてまた映画を見ると、あのセリフはこんな気持ちで言っていたんだ!なんて発見もあるじゃないかと思います(^^)
by mie_tohno | 2005-12-13 20:41 | 本のこと | Comments(2)

グルメ(名古屋)・旅行・ゲーム・アニメ・映画などなど


by mie_tohno