鉄鼠の檻 / 京極 夏彦

文庫版 鉄鼠の檻 京極 夏彦 / 講談社

京極堂シリーズ第4弾。感想文が滞ってて、久しぶりになっちゃった。ますます厚くなって、もはや手に持って読むのは不可能と言わんばかり。それもそのはず、最近出た分冊版では4冊にもなってる!



今回は、今まででいちばん読むのに手こずったなぁ。…なんでだろ? 禅の専門用語とか、お坊さんの名前が覚えられない、というのもあるけど、物語の舞台である「謎の禅寺の世界」になかなか入れなかった、というのが大きいかなぁ。 前回のガイコツいっぱいより、お坊さんいっぱいのほうがマニアックな世界なのかもしれないね。いや、このお寺には結界が張ってあるわけだから、なかなか入れなくて正解?

いつもなら語り部の関口が、ふらふらと読み手を事件の中へ連れていってくれるんだけど、どうも今回それが弱いような気がする。いや、関口は相変わらずヨワヨワなんだけど、出番がちょっと減少気味? なんか淋しい気持ちなのは、いつの間にか彼のへろへろぶりに親しみを感じちゃってたのかもしれない…。

榎木津探偵は、出番は少なくても相変わらず爆発してて、最高! けどなんか今回、ひょっとして「役に立っている」ような気がするんですけど。…そ、それはそれで怖い!!(笑)
あと、1作目出演の方々が出てくるけど、私あなたのことさっぱり覚えてないわ!(がーん)
読み直すべきなのか、一作目…。まぁ、いいやという気もする、ぶ厚いし。

京極堂はかなり苦戦してたようだけど、禅の世界がわからない私には、いったい彼が何に苦戦してるのかもいまいちわからなかった…。(悲しい) 今回のうんちくは、内容だけでなく1つ1つの言葉が難しいんだものなぁ。漢字がいっぱい出てくるだけで、引いてしまうのよ。でもやっぱり京極堂には、自信を持ってバッサバッサと憑物落しをしてほしい!

なんか、わからんわからんという感想になってしまったけど、決して面白くなかったワケじゃない。わからんなりに最後まで興味を持って読んだし、次作もチャレンジするぞー! さぁ、次はどんな世界が待っているのかな?
[PR]
Commented by たいむ at 2005-12-05 18:15 x
実衣さん、こんばんはぁ~

私は京極堂シリーズなら、このテッソが一番のお気に入りだったりします。(「百器徒然袋」は除く。これが一番だもんw)

>1作目出演の方々
まず「久遠寺先生」ですね。涼子・恭子のお父さんですよ。
そして久遠寺医院の小児科医師で涼子に悪さした「菅野医師」
箱根の旅館はウブメのときにでてきてますしね。

この京極堂シリーズはとにかく作品がどこかリンクしてます。
順番に読まなければいけない所以はそこです。
テッソは常信さん、哲が後に登場しますよ。人物以外でも関連性があることも多いので、油断が出来ません。(それもシリーズを越えて)
今後も頑張るようなら、覚えてないとつらいぞ~~(というか面白さが半減)
次は「クモ」ですね。お気に入りの関口君はほとんど出ません(笑)
変わりに伊佐間くんに今川さん、頑張ってます♪木場の旦那もね。

Commented by mie_tohno at 2005-12-05 21:00
たいむさん、こんばんは! 初心者にありがたい解説をありがとうございます~。
「久遠寺」って名前はさすがに覚えがあったんですが、「菅野」って誰だっけ?とか思ったりしてました(汗)
順番に読んでいても、つい間が空いてしまうので、記憶が薄れちゃってダメですね…。
だって、あの分厚さは読むのに心の準備がいるんだもん~。
読み始めてしまえば苦じゃないんですけど。
関口君はお気に入りじゃないですって!(笑) お気に入りは、やっぱり榎木津探偵か?!
親切にも、人物などをまとめてくださってるファンサイトもいろいろあるようなので、勉強して次に備えたいと思います!
Commented by sumika_meimu at 2005-12-11 16:19
はじめまして。
今回のお題「禅」の世界は理解できないのに、心惹かれる作品ですね。
私も「久遠寺先生」の印象が薄くて、でも「ま、いいや」ですませてしまいました。なぜか「菅野」は覚えていたんですけど。
京極堂シリーズは大好きなのですが、読むたびに腕が腱鞘炎になります…重くて。文庫版は分冊がでたんですね…なんだか羨ましいです(笑)。
トラックバックさせてくださいませ。
Commented by mie_tohno at 2005-12-11 19:09
sumika_meimuさん、いらっしゃいませ&はじめまして。
禅の世界は難しかったですが、とても印象的な世界でした。
ほんとうに、京極堂シリーズは重たいですね!
私が読んだのは分冊じゃない文庫版なので、真ん中のあたりなんて開くのも大変でした(笑)
by mie_tohno | 2005-12-04 20:38 | 本のこと | Comments(4)

グルメ(名古屋)・旅行・ゲーム・アニメ・映画などなど


by mie_tohno