箱根の優雅な休日 3

9/22 16:00 フロントに鍵を預けて、宮ノ下駅から登山電車で強羅へ、いざ出陣。坂を登って強羅公園まで行ったら、ちょうど16時半すぎてて入れなくてがっかり。
しかたないので戻って駅前をぷらぷらした後、旅館「強羅花壇」にある「懐石料理花壇」へ。17時半からなので、それまで宿泊棟にある売店を見せてもらう。(原則ゲストオンリーだけど、食事利用者は許可をもらえば入れる。) し、しかし、こういう高級温泉旅館は、クラシックホテルよりもずっと敷居が高いよ。私宿泊者じゃないのに、どこにいても従業員さんがいちいち立ち止まってお辞儀していくので、もーれつに緊張してしまった(汗)

a0012575_20343065.jpg17:30 お待ちかねのお料理は、もう本当に美味しゅうございましたー。テーブル席で、 「花之膳」っていうお弁当形式のをいただいたけど、 これがなかなか。

二段のお膳の他に、食前の梅酒、先付、お造り、椀物に、お食事はもちろん、デザートのゼリーに、甘味付のお抹茶まで。見た目も美しく、味も大満足で、おなかいっぱい~。奮発したけど、この値段(4000円税サ別)なら、お値打ちだと思う。だって、富士屋ホテルのディナーは高くて手が出ないんだもん(笑)
a0012575_203932100.jpg
18:30 再び登山電車に乗って、宮ノ下へ。
この時間になると、私達しか乗っていない。この電車って、かなり朝早くから夜遅くまで走ってるんだけど、乗る人いるのかな? 強羅もそうだったけど、宮ノ下の街もすでに歩く人もいなくて、深夜の趣。温泉街の今時分はみなさん、食事かお風呂の時間だものね…。

ホテルに帰ると、売店で併設のパン屋さん「ピコット」のパンを売っていたので、お土産に1つゲット。ピコットは朝10時半オープンなんだけど、明日はそれまでにチェックアウトしちゃう予定だから。
お部屋に帰って、また温泉。なんと、ユニットバスにも源泉から温泉が引かれてるのよねー。ただし、かなり熱いから、どうしても水を混ぜてしまって、温泉割合は下がってしまった。それでも、プライベートでのんびり疲れを癒せるっていうのは、いい!

つづく
[PR]
by mie_tohno | 2005-11-01 20:43 | 旅行のこと | Comments(0)

グルメ(名古屋)・旅行・ゲーム・アニメ・映画などなど


by mie_tohno