ブログトップ

実衣のしっぽ日記

ガンダムSEED DESTINYですよ! 13 (最後の力編)

【ネタバレ】 多くのものを残したまま、嵐のように去っていった最終話でした。
なんだったのだ…。ガンダムSEED DESTINYって、いったい何だったんだぁーっ!(シンの心の叫び)

最終回の中心人物は、シンでもキラでも議長ですらなく、レイに見えました。
ええもう、びっくりしましたよ、あれには。びっくりしすぎて最初、なんで議長を撃つのか? なんでタリアを「お母さん」と呼ぶのか? …さっぱりわからないままに、気がついたら終わってました。(ああ…) 落ち着いてもう一度見てみたら、いろいろ考えることができました。わかったというより、想像したってことなんですけども。

どうして、憎んでいたはずのキラにちょっと言われただけで、レイはあんなに動揺したのか。それは、彼が本当は心の底からずっと言ってほしくて、そして今まで誰ひとりとして直接言ってくれなかったことを、キラが言ったからなんでしょう。たとえクローンであっても自分は自分だと、誰かに言ってほしかった。レイ自身を愛してほしかった。できるなら、夢を描いて人間らしく未来へと歩いてみたかった。…キラのように。
それなのに結局、議長はどれひとつレイに与えてはくれなかった。だからこそ飢えていた、彼は。…悲しいよ。これは泣ける話だよ。なぜか本編見てると泣けないんだけど、今なら私、レイのためにゆっくり泣きたい気持ちです。おやすみなさい、レイ。

キラはもう、ひとりの人間として、しっかり歩んでいくことに決めてたんですね。迷いはないんだね、頼もしかったよ。生きることは戦いです。どうぞラクスと共に未来へ…。

そしてシン。なんだかもう、わけわかんないのですが、きっと本人もわけわかんなくて泣いてるような感じなので、おあいこかしら^^; 自分達のしてきたことも、信じた人も、何の因果かすべて潰えてしまったけれど、真実守りたかったオーブは撃たれなかった。…という、安堵が入った涙ですよね。生きてれば、アスランやカガリと話すこともあるでしょう。前へ進んで大人になってね、少年。

ルナマリアさん。アスランに刃向かっていくとこは、ルナマリアさんがんばる!という感じだったんだけども、勝てるわけないものねぇ。「よくもメイリンをー!」ってのは、いろいろと突っ込まれそうです。よくも…何? メイリンをたぶらかしたわね!とか、私を差し置いてメイリンを選んだわね!とか?(笑) 「よくも、メイリンを道連れにして裏切り者にしてくれたわね!」が正解ですよね、やっぱ。しかし、シンに「ステラ…」とつぶやかれちゃったのは、ヒロインとして可哀想…。

そんなルナマリアさんがむかついた男、アスラン(笑)
よくぞ、ぶち切れシンから、今にも死にそうな(予想をした)ルナマリアを守ってくれました。あっぱれ! もう、それだけでいいや…。結果として、シンも精神崩壊したりしなくてすんだし、「救えた」と思いたい。お話としても、シンとルナを残してくれて本当によかった。

はぁ…アスカガなかったねぇ。予想はしてたし、あきらめてもいたけれど。まぁ、このところ、アスランはオーブオーブとうるさいくらいだし、「本当にほしかったものは!」のところでカガリを想っているので、少なくともアスラン側は良し、という思いです。結局、私達にアスカガをくれはしなかったけれど、残しておいてはくれた、ということに。なんでも残しゃいいってもんじゃないが、こればっかりは消えるよりいい…と思ってしまいました。(ぐすぐす)

無かったのはアスカガというより、カガリの出番でした。(がーん)
もう彼女はメインストーリーからはずれてしまったという淋しさ。前作のラストでは、あーんーなに一緒だーったのにー(涙) ほんの2カットの彼女は何を思っていたのかな。オーブの国民を思い、オーブが撃たれないことを切に願い、そしてアスランやキラ達の無事を願ってた。たとえ離れていても、カガリも戦っている。心はいつも一緒に。

と、こんなところで私の各話感想はおしまいです。本当いうと、いろいろと含むところもないではないですが、このブログに書くことにしたときから、批判や愚痴は書くまいと決めていたので、そこは何も言いません。(それって密かに言ってるような気もするが^^;)

実は昨日、初めてリアルタイムで見たんですよー。5分前までに用事をみんな片づけて、TVの前に陣取ってスイッチオン。もうね、CM3コくらい前から、くるぞくるぞ…とドキドキ。こんなのいったい何年ぶりだろう、私。だいたい、ここ数回の(不安にさいなまれつつも)楽しみにしようったらなかった。そういう意味では、感謝しないわけにはいきません。

はまったのが遅かったので短かったけれども、おつきあいどうもありがとうございました。
この番組を一緒に追いかけてきた、ネットの向こうの同じファンの人達。本当にお疲れさまでした。みんな大好きだよ。ありがとう、そして、さようなら!(って、議長みたいなのがイヤだなぁ)

…といいつつ、まだ書くよーん。
番組終わってから楽しみたいことも残ってるし。当分は週一くらいでガンダムいきそうな気がします。もしよかったら、たまにでものぞいていただけたら幸いです。See You Again. 戦いはまだまだ続く。未来は私達ファンの手に!(なんちて)
[PR]
Commented by たいむ at 2005-10-02 21:41 x
こんばんは、実衣さん。
>多くのものを残したまま、嵐のように去っていった最終話
やっぱり、誰もが同じ思いの最終回のようですね。

>シンでもキラでも議長ですらなく、レイに見えました。
私はレイについてはほんと、ずっと解らなかったんです。
今回で、少し納得したような・・でも繰り返し録画を見て、アチコチで色々な感想みて、どんどん変化しているような気もします。難しいですよ、彼はw

>ほんの2カットの彼女は何を思っていたのかな
カガリのカットは無言で残念ではあったけど、その一瞬でも彼女の気持ちが私には聞こえた気がしています。
アスカガの未来はまだ決定していないんだもの。最後まで希望は持ち続けましょう!

>もしよかったら、たまにでものぞいていただけたら幸いです
ですね!ウチにもたまに遊びにいらしてください!
Commented by すずしろ at 2005-10-02 21:59 x
実衣さんこんばんわ

SEED終わってしまいましたけど(一応)
>戦いはまだまだ続く。未来は私達ファンの手に!
そう、戦いはまだまだ続きます。取りあえず2月ですかね(笑)頑張りますよ。

>私達にアスカガをくれはしなかったけれど、残しておいてはくれた
うんうん、生きていればいつかはきっとですよね。最終回は二人が生き残る事だけを願って見ておりましたので、この結果は良しとするべきなのでしょうね・・・。

>批判や愚痴は書くまいと決めていたので、そこは何も言いません。
実衣さん偉い。
私も初めは考えていたのですけど(読んでる人を不快にさせてもと)我慢できませんでした。
でも、愚痴りながらも、結構楽しく愚痴らせてもらったので、
なんか書いてストレス発散!してたみたいです(笑)

あっという間の1年でしたね、たくさん楽しませてくれたし、こうやっていろいろな人とめぐり合わせてくれたSEEDに感謝ですね。
では実衣さんまたね~
Commented by mie_tohno at 2005-10-03 20:35
たいむさん、こんばんは!
だって、レイは実はこんなにテーマ背負った人だったのに、最初のうちほとんど何もしゃべらなかったんだもの、わかりにくいはずですよぅ。私なんて、初めのうち、この人なんでいるんだろう、目の保養?(笑)とか真剣に思っていましたよ。それが最近、妙にレイに思い入れしてる私。これはちょっとした収穫です。

そうですね、カガリの声、聞こましたよね! ひょっとしたら表情だけで、言葉よりも多くのものを語っていたのかもしれません。
ありゃ、3カットでしたか。アスランが思い浮かべたのを数に入れてないのかな? それとも別のかな? チェックしてみなきゃ。
また、遊びにまいります~。
Commented by mie_tohno at 2005-10-03 20:37
すずしろさん、こんばんは。
2月はDVD最終巻が出るとのことですね。そして新作映像があるかも? どうなるんでしょうね。すずしろさん、買う気満々ですねぇ(笑) 私はずるいので、見た人の感想聞いてから考えようっと、今は思ってます。(今は?)

ここって前にやってた、ほのぼのギャグ系サイトのなれの果てブログなんですよ。だから、ベースにあるのがウケねらい! 批判はウケるのが難しいですから。背後に愛が見える愚痴っていうのは、またいいんですよね。そういう書き方ができるのが素敵です。

ほんと、めぐりあいSEED(なにそれ)に感謝です。ええ、またねー!
Commented by ks021 at 2005-10-05 21:01 x
実衣さんこんばんは!
万博も種DESも終わっちゃいましたねー。
なんだかコメント読んでたらまた書き込まずに居られなくなってしまいました。
>なんでも残しゃいいってもんじゃないが、こればっかりは消えるよりいい…と思ってしまいました。(ぐすぐす)
まったくですね。最終回で完璧に消される可能性も有ったはずなので・・・・。でも残ってほんとに良かった。だからまだ、アスカガウォッチャーのコミュニティーは終わらないですよ。また時々見に来ますね。
とりあえず区切りの挨拶として、ありがとうございました。

Commented by mie_tohno at 2005-10-06 19:57
ks021さん、こんばんは!
いろいろなものが終わってしまい、秋はちょっと物寂しい季節です。
でもアスカガは終わってはいませんものね。
今思い返してみれば…、やっぱりアスラン&カガリの二人が好きだな、うん。

私はこのあと、小説やCDなどのお楽しみの他、今まで更新頻度のせいで書けなかったことなんかを、つぶやいていきたいと思っています。
こちらこそ、どうもありがとうございました。またよろしくお願いしますね。
by mie_tohno | 2005-10-02 20:56 | ガンダムSEEDのこと | Comments(6)