指輪物語〈3〉旅の仲間 下1 ※ネタバレあり(映画も見た人向け)

新版 指輪物語〈3〉旅の仲間 下1
J.R.R. トールキン J.R.R. Tolkien 瀬田 貞二 田中 明子 / 評論社

裂け谷~雪のカラズラス~モリアのバーリンのお墓まで。
映画でもこの通りの展開が描かれているけど、これだけで文庫1冊分(新版)とはなにごと!と思うかも?
原作では、裂け谷<の部分がとてもとーっても長いのだ。

フロドが目覚めてから、エルロンドの会議までに宴会があるし、会議そのものも、ビルボがお腹をすかせてしまうほど長~い。
中つ国の歴史やら指輪の由来など、様々なことがここで語られる。読者にとってもいろいろなことが明らかになる重要な部分だけど、情報量が多いし固有名詞もいっぱいでたいへん!
このへんのことは映画ではオープニングで語られていて、とってもわかりやすくて素晴らしい。
(ああ、私、原作を読んだだけじゃあんまりわかってなかったなぁ^^;)

旅の仲間の出発が決まったあとも、エルロンドが斥候を出したりしていて、なんだかんだと数ヶ月も滞在している。裂け谷って、きっとほんとに良いところなんだろうなぁ。
指輪物語の中でも、行ってみたいところベスト5には入るね、きっと。
映画でも素晴らしい景色だったけど、ぜいたくを言うなら、もっとエルフが意味もなくうろうろしてたり、歌を歌ったりしてるとこを見たかったなぁ。それを見て、サムが大喜びなところとかも♪

裂け谷を出発してからは、映画では多少のアレンジが追加されているものの、大筋は同じ。
雪山のカラズラスなんかは、映像で見るとたいへんさがよくわかったな。
ここ、原作ではエルフのレゴラスが飄々としていて好きー。映画でもよく見ると、レゴラスだけ苦労せずに歩いているのがわかるのは、さすが。要チェック!

原作を読んでいて頭に浮かんでくるのは、美しいモリアの秘密の扉
本にも挿絵がついてるけど、映画では月光を受けてキラキラと、きれいだったなぁ。
「水中の監視者は、かなり恐かったけど。
思えば、このあたりって旅の仲間9人がそろってる貴重な旅程。
灰色のガンダルフが良い味を出してて、お気に入り。秘密の扉が開かなくてイライラしたり、道に迷って密かに困ってたり、ピピンにガミガミ怒ったり、そんなガンダルフが大好きだ~。

(旅の仲間 下2へつづく)
[PR]
by mie_tohno | 2005-01-26 20:05 | 本のこと | Comments(0)

グルメ(名古屋)・旅行・ゲーム・アニメ・映画などなど


by mie_tohno