永遠への飛翔―グイン・サーガ(94) ※おおまかなネタバレあり

永遠への飛翔―グイン・サーガ(94) 栗本 薫 / 早川書房

私にとって、久しぶりのグイン本編
半年くらい読むのが止まってただけなんだけど、ずいぶん何冊も出ちゃってるなぁ。

今回のテーマは、星船!宇宙!コンピュータ! …いやぁ、SFだなぁ^^;
SF好きだから楽しかった。このまま行っちゃえ、グイン! 無限の宇宙へGOーー!!
それだと、「グイン・サーガ 完」(爆) …って、それじゃ困るんだけど。
グインの故郷のこと、もっと知りたい~。このままだと、ひょっとしたら最後までこれ以上は明かされない気もするよ…。よくがまんできるよなぁ、グインって。
私なら、目先の好奇心に負けて、うっかり地球を捨てそうだ。(おい)

宿敵アモンとの決着の回でもある。
しかし、アモンって意外とイメージ薄いんだよね。そんなに強そうに見えないというか。
異質すぎるのかなぁ。すごいやっかいな生物らしいんだけど。
それより、見た目のせいかもしれない。いちおう、美少年?!

いちばん可哀想だったのは、星船さん。(合掌)
本人(?)いわく、感情は無いそうだけど、ずーっとずーっと、ご主人様のこと待ってたのに…。
登場人物が極端に少ないせいか、コンピュータにも人格を感じてしまうよねぇ。

相変わらず、とっても続きが気になるところで、次回へ。
まぁ、もう出てるわけだから、早く読もうっと。
[PR]
by mie_tohno | 2004-12-17 21:09 | 本のこと | Comments(0)

グルメ(名古屋)・旅行・ゲーム・アニメ・映画などなど


by mie_tohno