初恋 グイン・サーガ外伝19 ※ネタバレあり

初恋 栗本 薫 / 早川書房
実はわたし、グイン・サーガを読むひとなんです(爆)
だけど、今まで読んだぶんの感想をぜんぶ書くと膨大になってしまうし、…なにより覚えてるわけないって。
なので、トートツだけど、最近読んだ「外伝19」から。

本編中の重要人物、アルド・ナリスの若かりし頃の物語。
いや、本編でも若いけど…。ナリス、青春時代!(笑)のお話。
初々しくて(彼なりに)元気なナリスが書けて、作者がうれしそうだなぁというのが、最初の感想。なんだかクールなコメントだけど、私、それでもイシュトのファンだもんー。

だけど、別にナリスは嫌いじゃない。複雑な内面を持つ、魅力的な人物だと思う。美形だし!
とても特殊な境遇の人とはいえ、まったく理解できないわけじゃない。淋しい人で、むしろ、その孤独にも共感できるところがある気がする。ただ、一点だけ、どうしてもひっかかることがあってね。ずっと、どうしても許せないと思ってて。アムブラのこと…。
リギアやヴァレリウスのこともあるしねぇ。まぁ、ヴァレリウスは自業自得のところもあるんだけども。私、ヴァレちゃん、結構好きだから。

そんなふうに、自分に心を寄せる人たちにすら、ナリスが心を開かないのはなぜなのか。
その原点が描かれている。(ああ、やっと外伝の話になった)
「誰も本当の自分をわかろうとしてくれない。」
うん、ナリスの気持ちもわかるんだけどねぇ…。(なんていうと、本人は怒りそう)
でもそういう孤独って、彼だけの特殊事情とは限らないんじゃないかな。誰しも少しはそういうところがあって、それでもあきらめずに気持ちのやりとりをしてるんじゃない?
だけど彼は、早々にそれをあきらめてしまった。特殊な境遇ゆえにだけど。
それではなんだか、将来のリンダも可哀想だよ…。

そうそう、リンダ可愛い~! まだお子様ですが。おしゃまで、なんて健やかなんだー。
やっぱり、同じ王家でも、ナリスとはあまりにも境遇が違うんでしょうね。(しみじみ)
あと、私の中で、一番株が上がったのは、フェリシア夫人!
本編ではあんまりどういう人かわからなくて、お色気たっぷり年増オバサン、みたいに思ってたんだけど。(←めちゃひどい言われよう) 意外と好感の持てる面白い人だったー。ごめん。

次は本編へGO! かなり置いていかれてるので、「永遠への飛翔」から。
[PR]
by mie_tohno | 2004-11-03 14:43 | 本のこと | Comments(0)

グルメ(名古屋)・旅行・ゲーム・アニメ・映画などなど


by mie_tohno